子宮筋腫の最近のブログ記事

子宮筋腫は女性の病気の中でも罹患される方が特に多い病気です。

40歳女性の4人に1人は子宮筋腫をもつと言われており、極小さな筋腫まで含めるとほとんどの人が持っているといえます。

こう書くと怖いと思われる方も居られると思いますが、子宮筋腫は良性の腫瘍なので筋腫自体が命に係わることは有りません。しかし、筋腫は放置すると増大することがあり10kgを超えるようなサイズにまで大きくなることもあります。そして、発生した場所や大きさによって様々な症状を引き起こすのです。卵巣嚢腫

 

筋腫の発生する場所は大きく3種類に大別され、子宮の内側に発生し不正出血や不妊症の原因となる「粘膜下筋腫」、子宮の筋肉の中で発生し大きいものでは不正出血や流産・早産の原因となる「筋層内筋腫」、子宮の外側に発生し大きくなるまで症状が乏しい「漿膜下筋腫」に分けられています。

 

子宮筋腫の代表的な症状は月経量が増えることと月経痛です。他にも月経時以外の出血や腰痛・頻尿等も考えられます。しかし、上記の通り発生した場所によって症状はまちまちとなり、子宮の内側に発生した場合は筋腫が小さくても症状が強く、逆に子宮の外側に発生した筋腫は大きく増大しても症状は出難いです。その為、治療法も発生場所によって異なります。

 

子宮筋腫の診断方法は外来の一般的な診察と子宮鏡や超音波を用いた検査になります。しかし、手術適応となる大きな筋腫の場合にはMRI検査が行われる場合も有ります。

大きく増大した筋腫は悪性化する可能性が出てくるのでMRIにて悪性の所見がなく、症状も無く、筋腫の増大が無ければ定期検診にて観察となります。

 

筋腫によって何らかの症状がある場合には子宮筋腫の治療を行う必要があります。

その方法は根治治療として手術が考えられ、その中でも子宮を全摘出するものと筋腫の発生している部分だけを摘出する方法があり、悪性所見が無く将来的に子供を望まれる方や子宮を残す希望のある方は筋腫だけを切り取ります。子宮筋腫妊娠

しかし手術の際の出血が多く、取り残した微小な筋腫がある場合は数年後に筋腫が大きくなる場合が考えられますので注意が必要です。