経験を踏まえた大人ニキビの対処方

思春の象徴と言われるニキビですが、若い人よりも深刻なのが大人のニキビです。この大人ニキビと言われるものは、女性が多くホルモンバランスが崩れたときや、婦人科系の病気を持っている場合などに見られます。

月経過多や排卵期にも大人ニキビが出てきて悩みを拡大します。このように大人ニキビに悩む女性の多くはどうにかして撃退したいと、時には過激にニキビを潰してしまう人も結構な数存在します。でもこれはやめておいた方がいいでしょう。ニキビ跡治す方法はコチラ


何故なら、大人になってのニキビは立ちが悪く新陳代謝の悪い大人の女性であればあるほど、悪化を導いてしまうからです。やっと治っても潰した醜い痕が黒くシミのように残存したりします。

こうなっては後悔あとにたたずです。そこから綺麗な肌に戻すには、途方もない時間がかかります。皮膚組織の再生率の悪い大人の女性は、10代や20代のようには簡単に完治しません。こうしたリスクを伴うので気になって仕方ない状態でも、ニキビは決して潰さないでください。

この大人ニキビの対処方法としては、病院で看てもらうのが王道ではありますが、自宅でも工夫次第ではニキビを治すことができます。まず、体を温めることです。


婦人科系の病気やホルモンバランスの崩れからニキビが悪化しているのなら体を温めて、免疫力を向上させることで基礎代謝が上がりニキビも薄くなっていきます。大人ニキビの女性の体温を計測すると、多方が低体温なのがわかります。

聞いてみると普通に、35度台などと言います。これは異常な自体です。ガンの発生率も体温が35度から増えるという研究結果もあり体全体に不健康な状態なのです。体を温めるには生姜がとても良いです。


生姜湯を飲むと体が芯まで温まります。冬場も然ることながら、夏場こそクーラーの影響で体が冷えやすく、婦人科系臓器が病にかかりやすいです。


そうなると必然的に、大人ニキビに増えていきます。なので、汗をかきながら是非、夏場も生姜湯のような温かい飲み物を飲んで欲しいと思います。きっとニキビ自体も解消されると思います。

私のことで言えば、私も一時期ニキビがひどく顔じゅうがニキビだらけで、とても外に行けるような状態ではなく随分悩んだものです。しかし、体を温めて決してニキビを潰さず健康に留意したら自然と年月は掛かりましたが、大人ニキビは解消しました。

気長に粘り強くこの大人のニキビと戦いたいものです。そうすれば、必ず光明は見えてきます。
体験者だから尚更強くそう思えます。

おならが止まらない 卵巣嚢腫原因 腰痛 足のしびれ プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 子宮が痛い 心因性頻尿 非公開車両 ラミューテ ルフィーナ 子宮腺筋症

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事